各地の名店と呼ばれるバーの中から、5人のオーナーバーテンダーがその思いや経験を披歴したのが『5人のバーテンダーが語るもう一つのBar物語』だ。話は酒そのものからバーの楽しみ方、ノベルティーグッズにまで及ぶ。プロとしての矜持と、深い見識にあふれたエピソードや酒へのこだわりは興味深く、そのうんちくに脱帽だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。