労働組合委員長を11年も務め、管理職に転じるとコストカッターとして辣腕を振るう。そんな人物が万年赤字会社の経営再建を託されて23年連続黒字を達成する。たどり着いた境地は、「社員のモチベーションが10割」でした。『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』は、レーザー機器の専門商社、日本レーザーの社長である著者による経営実践論。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。