柚木麻子著『BUTTER』は、木嶋佳苗事件をモデルにした傑作小説だ。〈何が嘘で何が真実か。そんなものに大した違いはない、だったら自分が美味しいと感じる方を選んで何がいけない? 苦い真実が一体全体、身体のどこを満たすんだ、と。殺伐として味気ないリアルに、溶かしたバターをたっぷりからめて、香辛料や調味料で味付けすることの何が悪なのか?

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。