夕暮れ時の斜光線でエローラ遺跡と仏像を撮影した後、さらに裏手の崖の上に登った。遺跡はちょうど落日の残映に包まれており、納得のいく一枚が撮れた。過密スケジュールの疲れからか、その晩は宿に戻るとすぐに眠りこけてしまった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。