「生活保護を受給しているお客さんが来たら、正直、ラッキーと思いますよ」──。こう語るのは、首都圏に店舗を構える地域密着型の不動産業者。このところ、生活保護を受給する就労世代の物件探しが増えており、入居の手続きで関わる「福祉事務所の担当者ともすっかり顔なじみになった」という。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。