著者は、1990年代の前半に社会科学界や政策形成の現場で使われるようになった「社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)」の概念を広めた政治学者として有名だ。これは、人と人との間の信頼や互恵的な関係を指すものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。