生活保護に関するデータを細かく見ていくと受給者の実態の変化がよくわかる。2000年前後から顕著に増えているのが、単身世帯。また病院の外来で治療を受ける受給者は1990年ごろの約2倍になった。地域別では西日本の受給率が高い傾向にある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。