「日米が安保と経済を車の両輪としてやっていくことを国際社会に見せつけた会談だった」──。4月18日夕、副総理兼財務相の麻生太郎と米副大統領マイク・ペンスとの初の「日米経済対話」に同席した政府高官の一人は会談直後にこんな感想を漏らした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。