保険業界にとって、マイナス金利の影響はことのほか大きい。運用難のみならず、主力の保険商品が成り立たない事態にまで追い込まれているからだ。さらには、金融当局による保険販売の見直し圧力──。足元では「保険版フィンテック」の勃興で、商品そのものの枠組みが大きく変わろうとするなど、業界を揺るがす地殻変動が始まっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。