生命保険業界のあしき慣行である営業パーソンの使い捨てを真っ向から否定する取り組みが、オリックス生命保険の直販部隊だ。まだスタートしてから数カ月の段階だが、成果が少しずつ見え始めている。これまで3回の募集を行ったところ、合計で3000人超の応募があり、厳しい採用基準をくぐり抜けたのは、わずか60人ほど(2月時点)。合格率2%の超狭き門だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。