親の介護をめぐって、昨年大きな制度変更があった。育児・介護休業法の改正に伴うもので、柱は大きく二つある。一つは、介護休業の分割取得。それまでは原則1回で最大93日間としていたが、3回に分けて取得できるようにした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。