高校を卒業した亀井智英は、高級住宅地の東京・松濤にいた。空調設備工事の零細企業を営む父親を手伝おうと飛び込み営業を始めたのだ。昼間にインターホンを鳴らしても出てくるのはおばあちゃん。世間話の相手になり、何度も足を運んだ。次第に仲良くなり、仕事が取れると口コミで紹介が広がった。自信につながった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。