40年ギャップ──。教育関係者の間で広まっている新概念である。教育者はこれから20年後の時代を予測し、子供たちに必要な教育カリキュラムを考える。だが、子供を預ける親たちは無自覚のうちに、自分が受けた教育を、つまり20年前の教育をよしとし、判断基準としてしまう。つまり、教育者と親との間には40年間のギャップが生じているというのである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。