小学2年生のとき、真子就有は図工の授業で作った「たまごっちの切り絵」を母親に見せた。当時はやっていたキャラクターを模した自信満々の作品。だが、母親は「私はあなたの考える作品を見たかったのに」と落胆した。そのとき「他人と同じものでは何も価値がない」と心に刻み込まれた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。