「10のことを人に頼んで、1やってもらえたら感謝しなさい」。中学生のころに聞いた、今は亡き祖父の言葉に辻庸介は衝撃を受けた。実は、辻の祖父は大手電機メーカーの社長を務めた人物。「何万人という社員がいる大会社の社長がそんなことを言うほど、経営者というのは大変な仕事なのか」。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。