わかりやすいキャッチフレーズで「橋下旋風」を巻き起こしてきた大阪市長の橋下徹が、失速し始めたのではないかという声がある。確かに最近の橋下の言動を見ると、鋭利なナイフで相手の肺腑を突くような攻撃的な姿勢は影を潜めている。原理原則を貫き、ブレないことが信条の「橋下流」とはずいぶんかけ離れてきた印象だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。