幼少期から母親と2歳年下の妹との3人暮らしだった。日中、母は働きに出ており、溝口勇児が起きている時間に帰宅することはめったになかった。妹の面倒は自分が見なければならない。4歳ごろから、「家庭を支える大黒柱は自分なのだ」という責任感が芽生えたといい、その感情が自らの原点になっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。