『クモの糸でバイオリン』は、集めたクモの糸でつったハンモックにぶら下がることに成功した生体高分子学の専門家が、今度はクモの糸でバイオリンを弾くまでの研究史。もともとクモに興味のなかった異分野の研究者が、まずクモを飼って心を通わせ(?)、苦心して長い糸を採取するところから引き込まれる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。