スタジオジブリのプロデューサー、鈴木敏夫氏の最新エッセー集『ジブリの文学』が発売になりました。前作『ジブリの哲学』から5年。宮崎駿氏の引退宣言もあった中で、「編集型プロデューサー」が、どんな本を読み、いかに文章を磨いてきたかを、各種の投稿原稿を網羅する一方、又吉直樹氏や池澤夏樹氏らとの対談・座談を交えてまとめています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。