ある遺伝子が金融政策を左右する。そんな時代が到来するかもしれない。日本銀行が人々の「期待」に働き掛ける「量的・質的金融緩和」を導入したのは2013年4月。しかし、おカネの量を増やせば世間のインフレ期待が高まり、消費が増えるとのもくろみは今のところ失敗に終わっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。