「ノルマ証券」と陰口をたたかれながらも、バブル期にはトヨタ自動車を上回る5000億円もの経常利益を稼ぎ出した野村證券。激烈な社内競争を生き抜き、退社後はオリンパス巨額粉飾決算事件で「指南役」として逮捕された著者が、野村黄金期と事件の真相をつづったのが『野村證券第2事業法人部』。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。