知っているようでよく知らない、頻繁に語られる割には実態がつかめない。日本の官僚制は、そうしたものの一つである。行政学と政治学で培った理論と国際比較を武器に、日本の官僚制の現状と将来像に切り込んだのが、本書である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。