給料から差っ引かれて損ばかりしているように見える社会保険や税金だが、そうではない。病気やけが、出産、住宅購入、失業、介護などライフイベントごとに給付金をもらえたり、税金控除を受けたりすることができるのだ。就職から定年退職後まで、社会保険や控除を使い倒すと幾らもらえるのか、試算してみた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。