今年3月初めに暴露ウェブサイト「ウィキリークス」が、米中央情報局(CIA)の電子盗聴部隊の8761件の文書を公開したが、ドイツの産業界では携帯電話やテレビを使った盗聴技術が暴露されたことについて、懸念が強まっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。