「安倍1強」がギシギシと音を立てて揺れている。首相の安倍晋三が政権に復帰して4年余。アリの這い出る隙もないほど盤石に見えた政権に予想外の穴があったことが露呈した。報道各社が行った直近の世論調査で、内閣支持率が軒並み低落した。その要因はいわば「逆風3点セット」だ。(1)森友問題をめぐる安倍と夫人の昭恵、(2)“共謀罪”法案と法相の金田勝年、(3)南スーダンのPKO日報問題と防衛相の稲田朋美──。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。