「捜し続けて、かれこれ70年。当時を知っている関係者も、年々減っていきます。私もいい年齢。生きているうちに、あの絵にもう一度会いたいのです」こう訴えるのは、作家・文芸評論家の稲垣真美さんだ。捜しているのは、22歳で夭折した大正期の天才洋画家、村山槐多(かいた)(1896~1919年)の油彩画「乞食と女」。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。