自民党と公明党の関係が何やらきなくさくなってきた。3月13日、7月の東京都議会議員選挙をめぐって東京都知事、小池百合子が事実上率いる「都民ファーストの会」と、都議会公明党が候補者を相互に推薦することで合意したからだ。「小・公連合」の成立といっていい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。