対象になったのは日本海沿岸を走る留萌-増毛間16.7キロメートル。最終運行日までの1年間は全国から鉄道ファンが押し寄せた。観光の駆け込み需要が終わった今、地元は厳しい現実に直面している。海風に車のハンドルを取られながら、廃線になった路線と並行する道路を運転していると、そこには「寂しい」としか言いようのない風景が広がっていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。