本はといえば、日本国有鉄道という同じ組織から派生したJRグループ7社。だが、各社のキャラクターはまったく異なる。グループの重鎮である“三役”は、JR東日本、JR東海、JR西日本の3社だ。俗に「本州三社」といわれる。発足時の序列は、長男坊がJR東日本、次男坊が西日本、三男坊が東海という位置付けだった。だが30年を経て、その勢力関係は微妙に変化した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。