この30年間で当社がやってきたことは大きく二つです。一つは新幹線の強化。500系車両などで時速300キロメートルの高速化を図る一方で、山陽新幹線は東京-新大阪ほどには輸送人員がいないため快適性を上げることで魅力を高めてきました。座席が左右2列ずつとゆったりした配列のひかりレールスターなどがそれに当たります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。