スタート時点は、JR東日本の収入が1.5兆円で、抱えた負債がその4倍以上の6.6兆円。ここまで財務が脆弱な会社ってなかなかないですよ。周囲からは本当にやっていけるのか? と言われたものです。でも、組織内部にいる自分たちには、これで国鉄時代のしがらみがなくなって自由にやりたいことができるじゃないかという期待感がありました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。