トランプ米大統領は、個別企業を名指しで通商問題の標的にする“口撃”を繰り返しています。自由貿易体制は、長い交渉の歴史を経て確立され、企業は自由を手にしました。しかし同時に、経済の政治との距離の取り方に対する関心が薄れ始めているのではないか。『トヨトミの野望』を読んでそう感じました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。