当時の日本国有鉄道は、毎年1兆円ずつ赤字が増えていくのに、改革に手を付けられない状態でした。何をやるにも国会の承認がいる。不採算路線の廃止、余剰人員の整理、運賃の値上げ、やるべきことは分かっているのに手が打てない。廃線は国会議員が反対しますから。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。