JR東海の技術革新をけん引してきた人物がいる。初代新幹線0系の改良から、2020年に導入される最新型N700Sまで、JR東海の全ての新幹線の開発に携わった唯一の技術者、上野雅之さんがそうだ。新幹線の「生き字引」ともいえる存在だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。