「またぞろ」と言っていいだろう。「衆院解散」の4文字が新聞紙上に散見されるようになった。「4月解散」から「年内解散」、そして「任期満了(来年12月)解散」まで、それぞれに根拠を持つ解散時期が取り沙汰される。もちろん、それを決断するのは「伝家の宝刀」である解散権を握る首相、安倍晋三しかいない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。