毎年、正月にユーラシア・グループが発表する“世界10大リスク”(地政学リスクの予測)は、日本でも注目されているが、2017年は例年とは様子が違っていた。同グループを率いる国際政治学者のイアン・ブレマーは、発表に際したインタビューで「米国と中国が衝突する可能性が高い」と異様な警戒感を示していたからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。