「相場はなるべく、単純に考える。あまり深く考え過ぎて、深層を突き破ってはいけない」──。御年79歳の山崎和邦さんは、朗々とした声でこう語る。野村證券、三井不動産を経て、子会社である三井ホームに転じ、同社上場の立役者となった山崎さんの投資哲学は、単純明快。株価が安いときに買い、高いときに売る──。それに尽きる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。