昨年の日本選手権で準優勝し、今年は1964年以来、2回目の都市対抗優勝を目指す日本通運野球部監督の藪宏明は、さらなるチーム力強化を目論み、二つの大きな人事を敢行した。一つは、大量9人の新人採用だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。