株式投資にも攻めと守りがある。より高い値上がり益を得ることができる成長力のある銘柄を狙うのが攻めの投資であり、下値不安が小さい割安銘柄を購入し、損失の可能性を抑え、配当も含めた収益を得ていくのが守りの投資である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。