不動産の評価は、土地と建物を別々に考えよう。建物は毎年春に役所から送られてくる納税通知書(課税明細書)に記された固定資産税評価額を使う。人に貸していれば権利が制限され、借家権割合と呼ばれる30%を差し引く。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。