このパートでは、起こり得る争族のあれこれを論じてきた。では実際に、相続税の申告期限である相続開始から10カ月以内に遺産分割の話し合いがまとまらなければどうなってしまうのか。その場合でも、家庭裁判所に調停や審判を委ねているケースも含めて、法定相続分通り相続したものとして相続税を計算し、申告・納税しなければならない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。