父親が認知症気味だったことに付け込んで、同居の娘が財産を流用していた──。いざ相続が発生したときに、遺族からこんな不満が噴出するケースは珍しくない。高齢化と足並みをそろえて到来した認知症時代。厚生労働省は2012年時点で認知症患者の数が約462万人に上ったと推計、25年にはその数は700万人を超え、65歳以上の高齢者の5人に1人が発症すると予測する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。