遺言書があれば、たいていのトラブルは回避できる。遺産分割が多少不満でも、故人の遺志に反してまで争おうとは思わないからだ。そのためにも、遺言書自体に不備があってはならない。法的に無効になってしまうからだ。自分で書く自筆証書遺言と公証人が絡む公正証書遺言の二つに大別されるが、その心配がないのは後者だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。