毎年、着実に贈与していくのもいいが、もらう側にとっては大きなお金が必要なときにまとめてほしい──。ここでは、そんなニーズにかなった制度や特例を紹介していこう。その前にまずは贈与には大きく分けて2種類あることを知っておきたい。これまで説明してきたものは「一般贈与」と呼ばれるものであり、2本目の柱が「相続時精算課税制度」だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。