生前贈与は、誰でも簡単にできる最強の節税策といっていい。贈与税の税率は相続税に比べると高いが、もらう人1人当たり年間110万円までなら基礎控除されて無税となる。富裕層なら贈与税を納めても相続税が軽減できるケースがある。つまり、計画的にやれば、大幅に相続財産を減らすことができるため、効果は絶大なのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。