この国で温泉は文化である。ある調査によると、日本人の85%が、年1回以上温泉に入るという。 「温泉好き」な国民の双璧ともいえる古代ローマ人のようにテルマエ・ロマエを楽しんでいたわけではなさそうだが、少なくとも一部の縄文人は温泉をコミュニティーの中核としていたようだ。その証拠に、長野県の上諏訪遺跡では温泉垢がこびりついた土器が出土するし、各地の温泉近傍から多数の石器が見つかることがある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。