2012年の創業当時から、CEOのジェレミー・アシンは次のように考えていました。「データが爆発的に増え、AIなど新しい技術が広がっているのに、その技術を使いこなせる人が絶対的に足りない。それを解決するためのツールが必要とされるだろう」と。現在、日本にも15社ほどの取引先があり、これから日本展開を本格化させます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。