2014年の米ビーム買収や創業家以外から初となる新浪剛史社長の招聘は、サントリーホールディングス社内に混乱を招いた。変化の中で、社内には創業家を求心力とした経営や企業文化に対する渇望が湧き上がっている。サントリーにとって創業家とはどんな存在なのか。グローバル企業となる中でどう存在すべきなのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。