三島由紀夫の長編小説『仮面の告白』は、主人公が「自分が生まれたときの光景を見たことがある」と語るところから始まる。そして、「自分の目で見たとしか思われない」記憶として、「産湯を使はされた盥(たらひ)のふち」に差す光のことを回想する。しかし、普通の人は3歳以前のことをあまり覚えていない。専門家はこれを幼児期健忘と呼んでいる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。