「こんな不条理な“ゲーム”は生まれて初めて」。都内で保活を経験したある保護者は怒りをあらわにする。入園の可否を決める自治体の基準が公平とは言い難く、ポイント制の運用にも問題があるからだ。ポイントを稼ぐために偽装離婚してシングルマザーとなったり、専業主婦なのに勤務実績を捏造するなど、モラルハザードが横行している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。